2012
05/27

【Step7】どんな子だとナンパ成功するの?

「一生付き合える子を探すのか」「ヤレる子を探すのか」でかなり違います。

成功を「お茶する」「電話番号を交換する」程度に置くのであれば、どんな子でもいけます。
・学生
・OL
・ギャル
・清楚系
全て大丈夫です。

これから成功確率が高い子についても話しますが、個人的にオススメしたいのは

自分がかわいいと思った子に声をかける

自分が付き合いたいと思った子に声をかける

です。

あたりまえじゃん。って思うかもしれません。ただ、ナンパを長くやってくるとココがマヒしてくる人が多いです。「ヤレそうな子」「引っ掛かりそうな子」に声をかけてしまうのです。

目的もおかしくなってくるし、自分の精神もおかしくなってくるのでオススメしません。残念なことに、街中にいる多くの人はこんな感じだと思います。

上記のように思っているので、成功しやすい子に・・・というのは甘りオススメしたくないですが、期待している人も多いので書きます。

1)10代
10代は引っ掛かりやすいです。大人になってくると「しっかりした人と付き合いたい」という考えが生まれてくるんだと思います。それに比べて10代は顔だけで引っ掛かったりします。

とりあえずイケメンに惹かれたり、オシャレな人に惹かれたり。年上とか大人っぽい雰囲気に惹かれたり。なので、20代より10代の方が成功する可能性は高いです。

引っ掛かりやすいからといって、18歳未満には気を付けてください。もちろん何もしないで付き合うだけなら良いのですが。

2)ゆっくり歩いてる子
これは常識ですね。忙しそうな子よりも、暇そうな子が引っ掛かります。本当に異常なくらいゆっくり歩いてる子っているんです。そういった子には声をかけると良いと思います。

3)かわいくない子
当然といえば当然なのですが、「かわいい子」より「かわいくない子」の方が引っ掛かります。
ベテランのナンパ師は自分で「あんまりかわいくないな」と思ってても、そういった子に声をかけてる場合が多いです。なんとなく服装がエロいとか、ゆっくり歩いてるとかの理由で。

「かわいい子」は日常生活で嫌という程、口説かれています。街でナンパも腐るほどされます。

それに加えて「かわいくない子」は日常ではあまり口説かれないので、ナンパされると「お!」と思います。

「かわいくない子」まではいかなくとも、「誰が見てもかわいい子」だけでなく、「人によってはかわいいと思う子」にも声をかけた方が良いですね。

初心者は良く「あんまかわいくないな」「あの子は無理そうなだ」等、色々な理由を自分の中で付けてしまい、なかなか声をかけれない地蔵状態になってしまいます。

でも、AKB48にもパッと見かわいくないけど、話してるのとかキャラ含めてみると、かわいい子っていっぱいいますよね。とりあえず声かけましょう。一瞬でも良いと思ったら。

スポーツ選手で「かわいい」と言われてる子等も同様に王道ではないけど「人によってはかわいい」と思う子がいると思います。そういった子に声をかけると成功率が上がるかもしれません。

4)服装が完璧でない子
誰だってオシャレな子と付き合いたいです。エロい服装、かわいい服装、カッコ良い服装いろいろタイプがあります。ただ、完璧な子はやっぱりモテます。

服装がイマイチなダイヤの原石はたくさんいます。服装がイマイチだから日常生活でモテない子もいれば、ダラしない性格の子もいたりと、隙がある子が多いです。

顔もかわいいし、服も悪くはないけど組み合わせが悪い。元は良さそうなのに化粧がヘタ等の子は狙い目です。

5)家庭環境が複雑な子
これは声をかける前には分からず、結果論になるのですが
・両親が離婚している子
・両親が学費を払えない等の子
・片親が良く分からない外人の子
等は多いです。

やっぱり愛が足りないのか、父親を求めてるのか、両親からの「しっかりしなさい」といった教育が足りないからか、多いです。

6)即系
ナンパ師の中で「即系」と呼ばれる子がいます。即効ヤレる子達です。「あれ、即系じゃん」とか「即系きたよ」とか言います。

具体的には「ゆっくり歩いてて、服装がエロいけど、完璧ではない」みたいな子です。こういった子はひっかかります。ただ、性格が変な子が多いのでオススメしません。

最後に改めて良いますが、成功しやすい子ではなく、自分が良いと思った子にいくのが良いと思います。

→Step8【どこでナンパすれば良いの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree